2006年06月28日

個としてはタダシイ中田

 こんばんは、せんせいです。にほん代表、惨敗でしたね。そりゃそうかも。

 一部ネット上では「学級崩壊」状態だ、とか。揶揄されていた、にほん代表。やはりその根本的原因はナカ○にあると、せんせいは思います。

 ナカ○さんは、試合終了後ひとりピッチに倒れていました。

 たくさん働いたので疲れたのでしょう。おつかれさま。それはそれで、別に批判されるようなことではないと思います。

 その傍に駆け寄ったひと。せんせいはTVでアドリアーノしか見ませんでしたが、その他にキャプテンの宮本選手、そのほかチームスタッフがピッチ上に仰向けのまま倒れていたナカ○選手の元に寄っていったそうです。

 その他のチームメイトは誰も、、、

 これはチームメイトが薄情と見るべきなのでしょうか?人一倍動いて動いて、最後まで足を止めなかったのはナカ○です。それなのにチームの誰一人(キャプテンを除く)駆け寄らなかったのは、がんばったひとを労おうともしないチームメイトの薄情さを浮き彫りにした出来事なのでしょうか。

 せんせいは違うと思います。ナカ○には人望がなかった。それだけ。

 キャプテンでもないのに会見に臨んでいたナカ○。実質的チームリーダーであることは明らかです。砂場の隅っこで、ひとりおだんごを作って満足していればよいという立場ではない。

 結論から言うと、ナカ○さんは「傷つきたくないばっかりに、あらかじめそっぽを向いているガキ」です。本当は繊細で傷つきやすい。そんな自分を守るために何事にも初めから知らん顔を決め込んでいるクソガキです。

 姿勢さえ!向き合っていればよい、とタカをくくっているだけのこと。本人はそんな自覚ないでしょうが、少しでも周囲に目を配る気持ちがあれば、その態度が周囲にもたらしている悪影響に気付けるはずです。

 それさえしないナカ○。本人は自立的とでもカンチガイしているのでしょう。とんでもない!べったりべたべたな依存、甘えでしかありませんが、周囲の目を無視することで自分を守ることを覚えたナカ○さんには、どんな訴えも届きません。まるでどこかの総理大臣のよう。自己満足さえ出来れば、あとはどうでもよいという訳です。

 総理大臣もナカ○さんも、そんなことひと言も仰ってませんし、そんなつもりもないでしょう。ぼり○もんさんも村○さんも、みなさんそうでしょう。けれども、そうした人たちはみな、傍にココロの揺れやすい方を置いていて、すべてをその人たちに任せ押し付けているのです。村○さんは知りませんが、宮○さんや野○さん、総理でいえば武○さん。そうした「ココロの揺れやすさにコンプレックスを抱いているひと」に覆いかぶさるように依存しているひと、同じくナカ○さんも周囲のコドモたち、ほんの少しのことで大きく左右にブレるマス○ミまでに依存して、自立を気取っているだけのクソガキなのです。

 今回のにほん代表で言えば、小○選手かも知れません。才能はあるのにうまくゆかず、それを生かす場も与えられず、グレちゃった、、気持ちを保つの、上手くゆかなかったかも知れません。

 ナカ○は個人としてはタダシイです。立派にやるべきことをした、と言えるでしょう。でもそれは、個人しては「おれ知らないよね。身に覚えないもん」で済むかも知れませんが社長としてはどうなの?というのと同じ。

 ナカ○さん、テニスプレーヤーになればいいのに、と思うのはせんせいだけでしょうか?運動神経よいのですから、成功するかも知れませんよ。

 この話は、協調性がないとかいう話ではありません。バラバラならバラバラでよいと思います。海外にはもっとバラバラなチームあるかもですし、そういう問題ではない。ならばどういう問題かと言えば「個」が存在しない、という話なのです。

 自立的?とんでもない!べたべたの依存、と先ほど書きました。他人のココロの揺れにつけこんだ支配的依存者。この辺り、せんせいのお得意ですが、べつにムリヤリあてはめているのではないと思います。やっぱ同じなのです。ナカ○さんはスポーツ選手という「個」として稼ぐことが出来るのでわかりにくいのですが、実質的にひととしては「個」が存在しないのです。

 個とは何か?個とは健全な自立と健全な依存により成り立つものです。そっぽを向いた自立とべったべたな依存では成り立たないものです。

 初めに書いた「個としてはタダシイ」の個は、あくまでロジックです。へとへとになるまで全力で走りました、自分の出来ることは精一杯やりました、、もんくつけようがありません。もんくつけようがない、というのはあくまで他者からとやかく言われないための論理的な盾でしかありません。その行動の根本的な動機は自己保身でしかないのです。

 くわしくありませんが、ナカ○選手は11人のサッカーをしたのでしょうか?あたかも10人、9人、、数的劣勢かのようなサッカーをしていたのではないでしょうか。第3戦の相手はブラジル。数的に劣勢なのだ、くらいの心構えはよいかも知れませんが、ウラを返せば、そのくらいの暴走をしてもむしろ貢献と捉えられるような状況にあった、ということができるのです。もともとナカ○さんは他人の仕事をちょこちょこやるのが好き、というか本質的にはセキニン逃れな方ですから、劣勢だったり負けても仕方がなかったりと、言い訳のたつ状況下でしか働かないのです。

 ちら見の記憶ですが、ローマの頃は途中出場が多く、そのおかげで活躍も目立っていたと思います。トッティの代わりとか。そういう時にはナカ○さん滅法強いのです。しなくてはならないこと、をショッテいませんから、他人にアテつけるがごとくのびのびと振舞えるのです。

 対して、パルマ、フィオレンティーナでの活躍は、大いに期待を裏切る結果。彼は、実際に中心になると何も出来ない人間でしかないのです。個としてプレッシャーがかかると何も出来なくなるだけのさもしいひと。例えれば、バイトでは社員にアテつけるがごとく社員以上の働きぶりを見せるものの、実際社員になると信じられないくらい使えない奴。アテつけるがごとく、と書きましたが、彼のバイタリティの源はそこにあります。いつも誰かしらを踏み台にしないと、どうがんばったらよいかもわからないのです。ですから、さもしいとも。

 ボローニャはバイトですよね。あのひとそればっか。今回のボランチもバイト感覚かも知れません。本当は攻撃をやりたいんだー、て。本業としてフォワードやっても、元々司令塔だしーみたいな言い訳に逃れそうだし、ぶつぶつ言わせてもらいますと、あんなひとにはいくばくの権利も利権も与えてはいけないんですよーほんと。あれこれと盾にとって、他人を煙に巻くことにしか使わないのですから、もったいないんです。

 せんせいは以前に、お前が最初のシュートうてよ、このやろーと言いました。2戦目はうちました。3戦目はヒマがなかったと言われればそれまでですが、うちませんでした。おバカさんですから、自分のしなくちゃいけないこと、すぐに忘れちゃうのかも知れません。というか、せんせいはジー○さんではないので「うてよこのやろー」と言ってもナカ○の耳に届いていないのですが。

 地に足がつかないのです。初めにシュートをうって、みんなと同じピッチに足をおろさなければ、周りから浮くだけですし、自分もバタバタバタバタ溺れているみたいに走り回ってヘトヘトになるのがオチなのです。ほんとバカ。

 もともと追い込んだのは、つっこみやすいところに際限なくつっこむマス○ミのクソ体質のせいかとは思います。つっこまれないためにはつっこまれにくいキャラにならなくてはいけない、、そうした弱きをくじき強いものに巻かれまくるというクソ以下のマス○ミのせいで、ナカ○がバカタになってしまった、というのはあると思います。でも、あんなふうに開き直るのはチガウ。

 個(我が身可愛さの自己保身ロジック)としてはタダシイですが、本質的に個ではない。ややこしいですが、このもんくつけようにもつけにくいロジックのせいで周りは混乱し、結局は自身の孤立を招いている。気を遣うひとほど、こうした人間に対して、言いたくもない文句を思い浮かべては自己嫌悪しヘトヘトに疲れてしまうもの。表向きにはやっていることに落ち度がないのです。つっこみようがない。

 私の大好きなクリスほにゃーノ・トル○エさんは、選手にペットボトルの水をかけられた時に喜んだそうです。チームが勝利し、ビールかけのまねごとのような騒ぎになり、その流れでばしゃーんと。その時トル○エさんは「選手との垣根が外れた」と感じたとのこと。いびつ(?)ではあってもイチ○ーさんもビールかけ楽しんでいましたよね。頭の中にいくつもの鎧戸を下ろしているナカ○に、こんな感覚があるでしょうか?いくらやろうとしても、いくらはしゃいでいるように見せても、悲しいかな、ウソはすぐにバレて周りをしらけさせてしまうのです。

 前回は、かばってくれるお兄さんがいたかもわかりません。でも今回はいない。チームとしてはそれが痛かったと思います。これは人選の問題。

 世の中的に、他人の動揺したフリを見たり、ヘコんだりしてるのを見て、その人のことをわかった気になるような風潮あると思います。マス○ミの下品さ、お笑いのツマラナサなどは、すべてそうした安易な人の見分け方を止めないところに原因がある。

 晒される我が身を守るため、とはいえ、ナカ○さんのようになるのはコギャル同様、負け組みです。いえコギャルさんの方が数段上。じゃぽんオリジナルですから、外国かぶれっぽい個人主義をかざしてるようなバカタさんの方が数段下。パルマでもフィオレンでもスカだったくせに、日本人がどうのなんてよく言えたもの(言っているのかどうか知りませんが)。こういう穴のムジナな方はみなさん同じ。にほんだから目立てたくせに、ザーマスかぶれで二言目には「じゃぽんではじゃぽんでは、、」帰ってこなくていいです。さよなら。

 なかよくなかよく、というにほんの教育のバイアスもかかっているかも知れません。そのなかよくは大人が安心するためのものでしかなく、とても政治的ななかよくです。そんなのどうでもいい!バラバラでもなんでもいいけど、最低限、ひとと話をすることのできる個を持て、くそやろー、ということです。バカタさんと話してるとアタマ痛くなりそう、、「なんで?なんで?ねえなんで?」と気になるんだから聞かなくちゃわからないじゃん的論理でイライラさせられそう。遠慮はべつになくてもよいですが、あまりに無粋なマネはかんべんです。

 ミイラ取りがミイラになること、ありがちなことですが。断ち切るにはただ走るだけでは無理。いくらヘトヘトになっても無理は無理です。

 プレーだけでなく、人間的にもあまりに幼稚であること。少しでもブラジル戦の惨敗で気付ければよいですが、まあ無理でしょう。誰も駆け寄って来ないこと、そんなことはたいしたことではない、というくらいにしか感じてらっしゃらないのではと思います。精一杯戦ったのに、、ということでアタマが一杯。その時でなくても、せんせいの言うようなことに気付くこと、ないと思います。ぼり○もんさんと同じ。

 どうしてひとに、こんなひとでも受け入れなくちゃいけない、という葛藤を起こさせるのでしょう。他の選手達が自分の中での満足探しに走ってしまうこと、仕方ないと思います。だって、どんなにしても同じピッチに足を踏み入れないし、それなのに辞退もせずにのこのこやってくるのですから、頭を悩ますの当然です。意思のないただの幽霊。いくら話し合っても、話の通じないひとは世の中にいるのだ、と割り切らない限り付き合いきれません。

 リスペクトされないナカ○。リスペクトされなくても平気なナカ○。あとは肩書きだけが人生です。さよーなら。

 追記:さっかーやってる時は楽しみたいので応援します。もんくいわせません。
posted by ティーチング by ミヨコ at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

村○ファンドまとめ、その他

 今週はなにかと書き込んでいるせんせいですが、忙しいと言えば忙しいですし、忙しくないと言えば忙しくない、そんな感じです。で、いろいろあったなあということをちょっとまとめたいと思うのですが、まとめべたなせんせいですから、うまくまとまるかどうか。これいかに。

 村○ファンドについて。

 一連の大きくテレビ報道されている投資活動について(に○ぽん放送、は○しん、T○Sもですよね?)はっきり言ってせんせい的には関心しません。すごいことの反対、へぼいことだと思っています。

 なぜかというと、

 どの会社も同じ、と言ってしまえばそうなのですが、これらの会社はすべて、絶対に経営権を手放さないであろう会社であり、その絶対において、相手を不利な状況に追い込めば追い込むほど村○さんの言い値で株を買い取らせることが出来る、と予め予測できる相手に対しての足元を見る行為だと思うからです。

 要するに、守るものがある相手への挑発行為である、という見方。

 ライ○ドアがに○ぽん放送を株を買い占めた時にも書きましたが、せんせい的には、○ジテレビでもなんでも会社ごとぼり○もんさんにあげちゃえばいいのに、と思いましたし、は○しんも同じ。村○さんに全部あげちゃえばいいのに、と思ったものですが、みなさんいかがでしょう。実際、経営できるかどうかと言えば、困難と言わざるを得ないと思いますし、ぼり○もんさんも村○さんもそうされることが一番困ることであったのではないか、と思います。

 どうせ、優良資産とやらを売り払うしかできることはないのです。不良資産だけが手元に残る。それでどうやって経営続けてゆくのでしょう?実際ライ○ドアは吸収した会社のほとんどを生かしてはいないと思いますし、村○さんは投資してお金を儲けるのが仕事ですから経営になんて乗り出したら、村○さんの会社にお金を出しているひとたちから「ぶーぶー」言われるのではないかと思います。そんなために出資したのではないぞ、と離れていってしまうかも。ましてや経営に失敗すれば評判ガタ落ちになりますから、実際に経営するなんてことに踏み出せるはずがないのです。だから、あげちゃえば?と。

 もちろんそんなこと出来るはずありません。身売りしてでも逃れようと抵抗するでしょう。経営権なんて取られてたまるか、と。

 儲けすぎたから嫌われた、のではありません。その押し売りまがいの手法。さらにそれを「株主地位向上のため」だとか「企業価値を高めるため」だとかバ○でも言えるタダシイ言い草で粉飾するやり口に抵抗を感じていた、だからいろいろ言われたり嫌われたりするのです。

 結局は、口ではキレイごと、自分に対する批判はすべて嫉妬によるもの、とタカをくくっているだけのこと。

 うさんくさい。ほとんどマ○チです。これは功罪の罪の面。

 はい、ひといきいれて、せんせいです。みなさん、わーるどかっぷ見てますか?ボールが軽くてすごい曲がり方をするらしいです。確かにロングシュートすごかった。キーパー受難らしいですが、すーぱーごーるたくさん見たいものです、みーはーなせんせいとしては。

 仕切り直しまして功罪の功の面。

 物言う株主として村○さんは、ぬるま湯につかっていた経営者に活を入れた、実際に企業価値を高めた、という評判を耳にします。

 確かに、株主総会で経営者に向かい堂々と意見を言う、ということだけでも大変なことだと思います。しーんとしてるかも知れませんし、きんちょうしますよね、ただ発言をするというだけでも。

 ただし、コンサルティングを生業としているプロなのですから、意見を言えるのは当たり前、という側面もありますので、そんなにすごいこととは言えないかも。総○屋とは違いますが、そのすじのプロなのですからオテノモノ。

 しかしながら、今までそうしたコンサルタントも株主もいなかった、のでしょうから、物言うということを切り開いただけでもすごいことだとせんせいは思います。せんせい的にはもっと単純に、みんなしーんとしてる中で発言するのってすごい、、どきどきしないのかなあ、というくらいでも「すごす、、」と思ってしまうのですが、村○さんやぼり○もんさんのパーソナリィを考えてみると、たいしたことでもないか、とも思ってしまいます。ヒロイックに虚を張ること、得意だし大好きなだけな性格と見ますので。


 と、ここまでは先週の書きかけ。しばらく間が開きましたので、続きを書くのに、のりのりではありません。なので、読みにくいのは承知の上で無視して、ぜんぜん別の話を。

 シン○ラー社のエレベーターの話。区長へ謝意を表しに行ったそうです。

 で、ア○っぽい区長はじくじたる思いを抑えてるんだぞ、みたいな態度。見間違いでしょうか?せんせいにはそう見えました。あー、やば、、せんせいはこういうの懸念していましたよ。

 みよアンドゥの方ですこし書きましたが、いきまき気味の○民、その上○長まで、、にほんに住むのヤになってくるんですよね、なんでこんなに短絡的に感情的なんだろ?先にキレたもの勝ちの変形みたい。キレたいのを抑えてやってるんだぞ、て、まだシン○ラーが悪いと決まった訳じゃないんでしょ?メンテナンスかも知れないのに。メンテナンス会社は知らん顔ですかね。いえ、べつにメンテナンス会社を責めたい訳じゃありません。ただマス○ミが誘導する方へ猫も杓子も「ふごーふごー」ぶ○みたいに着いて行くのって、、こりゃぼり○もんを支持するはずですわ。次の選挙も自○党圧勝!間違いなしですかね。

 ミスリードで実はどこかの誰かが仕組んだ事件だったりしたら、こんどはミスリードしたマ○コミを責めるのでしょうか。マ○コミを責めるのはいいですけど、へんな風潮にのってるだけの憤りクセはどうにかなりませんかね。シン○ラーの社長は逮捕されたの?検察からそんな情報流れてましたっけ?エレベーターの製造に問題があった、と特定された訳でもなし。気のオカ○ナにほん人のいきまく姿、そういうバカ大人の背中を見てバカガキがキ○ガイでいて平気な人格に育ってゆくのです。悪のりにならなければいいですけど、、心配です。

 当事者不在、本人不在、「〜の気持ちを考えろ!」みたいな勝手な代弁。取材能力も努力もないバカ記者の十八番をテレビ見すぎのバカ大人がここぞとばかりサルマネしていきまくのって、、あー、やっぱイヤです。やめます。またそういうところをピックアップしてマ○コミは流すのですから、、うーんうーん、重い病になりそうです。

 駐車監視員制度。効果のほどは上々のようで、よかったのではと思います。あんまりもんく言いません。ちょっと、ぴーぴーしすぎなのでしょうか、せんせい。すこし静かに、、静かにはしますが小さな声で来年の4月くらいに起こるであろう話の予想を。経費削減で監視員さんたちの時給ダウン。いま、どのくらいいただいているのかわかりませんが、将来的にはダウンしてゆくこと必死と思います。だって介護制度がそうですもん。去年は支援費削減、今年は利用者1割負担。時給がダウンするということではありませんが、国の負担分は年々縮小されています。警察退職者の受け皿として監視員を導入したという意図があるのなら、近い将来の人員増加、もしかしたら激増は間違いないでしょう。小さな政府とかほざいて、単に経費削減のしわよせをみなさんによせてくるだけの政策しかしませんから、人員増加すれば必然的に給与ダウン、時給の額は変わらなくても労働時間縮小や点数による出来高制への移行など、おいおいーてこと平気でやりかねませんし、きっとそうします。あくまで小さな声での予想ですから、はずれてもゆるして。もんくいわせないですよ。

 神経質によくないふうにばっかり考えるの、よくないと思います。反省もすこしします、しく。

 かんしいん、ばんざい、、ばんざ、、やっぱこっそりヤダ。でもね、準公務員とかでも雇用をつくるのってよいことだと思うんですよ。アマクダーリと言われても、退職したひとたちの雇用、確保すること悪くないと思います。へんな権限を持ったままふんぞり返ってひとりで高いお金をふんだくるようなアマクダーリは不必要だと思いますが、仕事がないと生きがいもともだちもいないひと、たくさんいると思いますから、そんなひとがふら〜と町を徘徊するよりまし?

 医療費負担が増えるとか。ふーん、高齢者さんでも3割?でしたっけ。

 ふーん、お金あるひとはあるのでしょうけど。ちょっと前にせんせい、あるビルのエレベーターで同乗したご老人がたのお話、聞いてしまいました。どうやら株をやっていらっしゃる方々のようで「わかいひとが楽して稼ぐために株をやるなんて、うんぬんかんぬん」「うはははは、、」てな感じで会話していらっしゃいました。見た感じは、よぼよぼ。杖をつき少しからだの不自由そうな方もいらっしゃいました。全員、へなへなしたぽろシャツ。

 見た目にはとてもお金持ちには見えません。そんな方々が、刻々と表示の変わる赤い電光掲示板がいくつもあるブースのようなところに集まっている。郵便局に年金をおろしにゆくような格好で、そういうところに足を運んでいる。べつにわるくちとか言いたい訳ではないのですが、使うアテのないお金が余っているのかなあ、増やしたいというより、そういうところへ行ってお友達と「うはは」とおしゃべりして、気分に浸りたいのかなあ、ふーん、、

 世代間がバラバラすぎる、その辺が根本的なこのくにも問題かもわかりません。○塊とか言われる世代がぶったぎっちゃたのかな。前にも言いましたが、その辺のおバカってマ○コミにターゲットされた最初の世代、メディアのモルモットですから、まともにつきあってたらこっちのアタマがオカシクなっちゃう、そんなびっくりくるくるぱーのカタマリ。あくまでカタマリで個々の方は知りませんよ。いろいろな方いらっしゃると思いますが、うーん。

 あまりもやもや書くと、ひと不審を煽るだけ、はおろか、せんせい自身がどきどきしやすくなってしまいますから、おしまいにします。ご老人がたの話は、べつにそういうひともいるでしょ、というだけのこと。事実そうです。言いたいのはもう少し、お金の流れでもなんでもうまく回ればなあ、ということ。なにがどうしてなのでしょう?せんせいも含めて、りくつっぽすぎるのかなあ。。
posted by ティーチング by ミヨコ at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

なにをやっても許される、、

 楽しそうですね。学校のようなところなのでしょうか?男子部があったり女子部があったり。

 セッ○ス目的でさえなけれマトモという感覚でしょうか。ファミリアーなら何をやっても許される、自分のア○マのオカシさを弁護しているだけなのに、ファミリアーなものを守るため、との理由付けさえあれば、自己の欲求のおもむくまま振舞っても構わないとカンチガイしておられるのでしょうか。

 、、よくわかりませんね。感じるまま書いてしまいました、YOげんき?せんせいです。

 みなさん、とうの昔にご存知のことかも知れませんが、とりあえずこちらをどうぞ。

 http://blog.livedoor.jp/how_to_go/archives/cat_1055390.html 私は創価学会員でした

 ”年末の財務で、全財産を持っていかれました。
 婦人部の幹部が「お金に困っている時程、財務を頑張りましょう!今は困っていてもすぐに何倍にも返ってくるから。今、家にあるお金は全部財務として使いなさい。」
 勧められるままに、母はすべてのお金を創価学会に寄付しました。
 もう住む場所もありません。あと数ヶ月で家を出なければいけません。

 財務の後、学会員は訪ねて来なくなりました。
 座談会でも母は無視されています。
 財務を勧めた幹部とは連絡も取れないそうです。
 そして母は病気になりました。
 もう永くはないと思います。
 これが、家族を犠牲にしてまで活動していた人の結果です。

 2006年03月28日〜私は絶対に許さない”

 このブログは無期限停止になってしまったようです。

 http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1149529966/ 元・三世創価学会員 「命の危険に」晒されているため、ブログを無期限停止

 せんせいは○ちゃんのスレッドでこのブログやこのような話、初めて知りました。もともと○価学会はうさんくさく近寄っちゃならねーと認識しておりましたが、ニュースに取り上げられることは決してないであろうこうした話、実際に目の当たりにしたように驚き、憤っている次第であります。

 ニュースに取り上げられないのは当然ですよね。身内の○谷アナにも優しいマ○コミくんだりが、○教新聞を発行するために印刷機(?)を利用してお金を新聞社に落としてくれている○価学会のこと、悪く報じるなんてとてもとても。テレビでも、批判は時々あっても核心を突くまでにはなかなか。ことあるごとにカルトは徹底的に叩くマス○ミですが、○明党とのつながりうんぬん程度までが限界で、こうした核心を突くような案件に対してはまったくのスルー。週刊誌のとじこみふろく程度が関の山なんて、、あまりふかく考えるとこわすぎますね、ほんと。

 全財産を吐き出させれば、もう用済み。そうなって初めて気付く、という愚かさをひと口に批判し、冷めた目で見ることは簡単ですが、決して他人事ではなく、今この国で起きている現実の話。捏造、との書き込みコメントもありましたが、どうしてわざわざ捏造などする必要があるでしょう?付き合うのめんどいので、そうした話は放っておくとして、とりあえずせんせいに出来ることは、こんなちん○なブログではありますが記事掲載することですので、一助になればと、筆は剣よりも強し!でもおカネにはまけるョ行為をさせていただいている次第です。

 、、、誰ですか?せんせいのブログをち○けだなんて言うひとは。1銭も授業料払ったことないくせに、もんくばかりいちにんまえ、、ほとほとあきれます。周りは田んぼばっかのドい○かに住んでるくせして、なんですか。そんなにトウ○ョウがねたましいなら上京してごらんよ、ほら、ふん。ぎんざのギの字も知らないくせに。○丁目の角っこにある天○ん屋さんのランチタイムサービスの天○んは、なんかべちょべちょしてて美味しくないこと知らないくせに、ぷー。あきれます、まったく。

 脱線しましたが、こちらの方にも。こちらの方が先行していたのか、有名かもわかりませんが。

 http://72.14.203.104/search?q=cache:DZhFlzntYPwJ:blog.goo.ne.jp/fujika1967/+%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%82%B7%E3%81%AE%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%80%8C%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E3%80%8D&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1 アタシの知ってる「創価学会」(閉鎖のためキャッシュ)

 ものすごい%の数ですが、それはこのサイトが閉鎖されているからです。追い込まれた??池○センセーに護られていなかったのでしょうか。

 キャッシュでは2005年9月までの記事しか読めませんのでわかりません。ともかく2006年6月の今現在、サイトは閉鎖されてありません。ぐぐると出てきますが、ぐーぶろぐか何かのトップページへ移ってしまいます。よそに新しいのを作られたのでしょうか?

 こちらの文中には、現○価学会員で親からの虐待を許すことで受け入れ、今は平穏な気持ちで暮らしていらっしゃるという方のブログ記事の転載文もあります。その方を支えてくれたもの、今も支えてくれているものは○価学会の教えと仲間だそう。むーむ。ただアンチ的にぶうぶうぶひぶひ言うの、はばかられます。

 ○価を受け入れるものは無条件で受け入れるのが○価のスタンス。自分でも説明のつかない、つけられない苦しみを受け入れてくれる仲間、場所。どこにあるのでしょう?かく言うせんせいに、もちろんそんな度量はありません。文無しですし。生活保護も○会員になれば簡単に受けられる、というような話もあり、くそー、おれも明日から‥と我を忘れてしまいそうになりますが、イン○キまるだし悪びれもなく、というのには憤ります。っと、最初に紹介した方「、、でした」の方はそうした恩恵受けられないのでしょうか?と、もちろんそんなのイン○キ恩恵ですし、そもそも「、、でした」な訳で頼まれてもそんなもの○価から受けたくないでしょうし、そうなのですが、うーむ。せんせいの言いたいのは、片一方で国から入金チーンなのに、片一方では全財産没収(任意)の上につけねらわれる、という驚くほどの格差。まあ、さっきせんせい自身が書いた○価のスタンスで説明はつきますかね。そのアクドサはやはり、自ら外敵を作るやり口にあり。。

 キレイなことしか口にしません。そんな私なのに受け入れない人がいるとするなら、その人は可愛そうな人、愚かな人、悪い人です。

 みたいな感じ。気分を害するようなことしたら、超絶キレられまくりマクリスティされそうです。もちろん、わざわざひとの気分を害するようなこと、する必要ありませんが。

 なんとなくわかりますよね。気分を害するようなこと、さえ、しなければ、気持ちよく受け入れる人間だよ、もれは、みたいな。こ、こわー、な感じ。

 よのなかには、わざわざ気分を害するように仕向けることで、そのひとの本心や人間性、探ろうとする卑屈極まりない、自称理論派みたいなにんげんの○スもいるにはいる次第ですから、とまあ、そちらはそちらで置いといて。なに、びくびくしてんだよ、ちっ、て感じのひとたちの話、またいつか。

 ○価に蔓延するメンタリティとは。

 アンチセッ○スなスタンスを信念の強さとか信仰の深さとか前向きな姿勢の証と解釈することで自分の気分を高揚させ、しっかり腰を○るようなイ○れた自己陶酔人間のお集まりなのでしょうか。それとも「もへー」と言わないだけのオ○ク系?おっと失礼しました、オ○ク系の方々はベル○ンディさんとかキチンと偶像崇拝されていますものね。虚像を盲目的に崇め奉っている主体性のないおバ○さんたちとは違います。ベル○ンディ原理主義ばんざい。○価なんかとはチガウのだ、というところ、ここではなくどこかで見せ付けてやってください!もなーとか書ける方もガンガバッテ。

 と、いきなり挿入文のような文章をはさんでしまいました。だいぶさっき書いたのですが、はさむところがなかったので強引に。アンチ○ックスとは身勝手な反射的思考を指しています。xxさえしてなければ、それで清らか、みたいな。xxしてないからってなんなんですか??と言いたくなる。けど、言うとこっちがわるものになってしまう。やぶへびというかなんというか。

 ようするに、外にわるいひと作って、それと戦っている自分みたいなの演出して、徹底的に自己葛藤を避ける、という手法。むりくりに葛藤することは、もちろんお薦めしませんが、決定的な点において自分を避ける、と言葉ではとても足りないのですが、そういったひどさがあるのではないかと、せんせいは思います。そういうひどいひとって、他人を葛藤に陥れるのです。さらに、それを蔑んで見るようなこと平気でする、ばかりか、自分はいつでも葛藤と戦っているのだ、みたいな態度でひとをはぐらかし、さらに蔑むようなマネを平気でする。

 反省すべきは自分。すべて自分自身の心の問題だ。みたいな言葉を、他人にだけ向ける人格。まともな神経なら、こんなひとに出くわしたら、葛藤を起こさずにはいられないでしょう。ましてや、みなさんのような最終学歴小卒、くされパラ○イトティーンのようなしょんべん○れさんでは、とてもとても、このような人格の人間がいるとは信じられないのではないでしょうか。むーむ、ちがうな。くされパラ○イトがくせいくんだりティーンくらいなひとたちには、むしろ、葛藤をフッきっているかのようにさえ見えれば何でもアリかな?おさむい話。

 http://blog.goo.ne.jp/bb-dd-bb 復活!アタシの知ってる創価学会

 こちら。見つけましたが、2006年3月の2回きりの記事掲載です。

 さらに追記として、

 ”週刊誌だけは学会から金をもらっていないため、創価関係のニュースを伝えることが出来る。
 創価はこれに対処するため学会員に週刊誌はガセと教えています。”
 http://www2.atwiki.jp/soka_gakkai/ VIPのみんなで創価潰そうぜwww

 の紹介もさせていただきます。

 どちらも、

 http://whitebeach.web.fc2.com/antisoka.htm 反創価学会、反公明党、アンチ池田大作名誉会長、脱会者関連紹介ページです

 こちらのページより拝見しました。なんとまあ、本腰を入れないことにはとても見きれないほどの情報、意見、体験談の数々があるのですね。これにはゆ○こりんも、びっくりぴー。いただきまんもす、はうすてんぼす、です。(リリック)

 最後に、

 ”x.x様お帰りなさい (xxxx) 2006-03-25 16:01:35

  お元気そうで何よりです。

 以前のブログの時に謝りたかった且つ御礼を言いたかったけど、今やっと言えます。

 まず、汚い言葉遣いや暴言で、アンチの方方に失礼なことを言ってごめんなさい。もうしません、改めます。
 それと、私のこといろいろと気遣ってくださって、本当にありがとうございました。とても嬉しかったです。
 今は、すごく順調に行っています。(恋愛以外は・・・でも、きっと乗りこえられると信じて、つらいけどがんばります)

 なんか、自分の話ばかりになってしまいましたが、とにかく、祝!ブログ復活!ってことです。 ”

 無断全文掲載、申し開きできません。ゆるすて、、ともかく、こちらの文面は先ほどせんせいが紹介した「親からxxを受けたことをxxすることで受け入れ、、」の方のコメントです。”以前のブログ”というのは「アタシの知ってる、、」のことで、そちらの方はキャッシュしか残っておらずコメント欄を見ることができないため、xxxxさんの書き込まれた内容はわかりません。

 この方はばりばりの学会員さんのはずです。最後に○断掲載おば。目を通していただければ、と思う次第です。

 では。なんだかうまくまとまらなくて、時間ばかりくってしまいました。また今度まとめるかも知れませんし、しないかも。ま、詳しくはそれぞれのページにて詳細のほどを。

 おしまいです。かなすぃーですけど、これカ○トなのよね。まち○ださーん!
posted by ティーチング by ミヨコ at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

インサイダー

 認めたという話です。へー、、みなさんご存知ですよね。昨日に引き続き、はいはい、せんせいです。

 インサイダー取引、村上容疑者を逮捕(2006年6月5日17時31分 読売新聞)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060605it11.htm?from=top YOMIURI ONLINE

 ”村上容疑者は逮捕に先立つ同日午前、東京証券取引所で会見し、「プロ中のプロと自任する自分が罪を犯したことは、本当に申し訳ない。起訴されるのは間違いない」とインサイダー取引を認めた上で謝罪した。”

 儲けるつもりはないけれど、聞いちゃったでしょ?村○さん。

 というのが検察側の巧みなロジックだそう。村○さん自身は、インサイダーだという認識はなかったとのこと。認識はなかったけれど、聞いちゃったと言われれば聞いちゃったことは間違いない、とのことで”起訴されるのは間違いない”という結論に至った様子。

 検察側は、村○さん主導で話が進められたと見ているとのことですが、どうなのでしょう。

 安いから買ったほうがいいよ。

 とは言いそうですよね、村○さん。これくらいの会話ならインサイダーには当たらないでしょうか。

 ”時間外取引で5%以上の(ニッポン放送)株を買い集めた行為は、証取法上の「TOBに準じる行為」に当たるという。

 → 第167条で公開買い付け(TOB)やそれに準じる行為での関係者のインサイダー取引を規制している。違反すれば3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金。”
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060602k0000m040185000c.html 今日の話題:MSN毎日インタラクティブ

 要するにラ○ブドアががばっと株を買った時点で、インサイダー成立!の運びとなった、ということでOK?それ以前の時点で村○さんが、宮○さんやぼり○もんさんから「買うYO経営権取るつもりだYO」と聞かされていれば、はい!ヘキ○ゴン!という運びになるようです。

 どんどん買いなよ。いいねいいね。

 とも言いそうですよね、村○さん。”お金も用意してあるんです”という話、宮○さんかぼり○もんさんは村○さんに話していたとのことですが。それを聞いても村○さん、いいねいいね、どんどん行こうよ!なんて言いそうですよね。

 まだこの時点ではインサイダー取引には該当しないはず。村○さんは、ぼり○もんさん達が現実には実行しない、とても実現しないだろうと思っていたとの旨、会見で話していたそうです。それが本当なら村○さんの”認識はなかった”という話、その通りということになりますね。

 でもって実際は、時間外にどばー。

 この時点でヘキ○ゴン!となるはずですが、もしこの時点で村○さんが、し、しまったー、これじゃインサイダーになっちゃうYO、と認識した場合、どうしたらよかったのでしょう?塩漬けにすればよいのでしょうか。「取引」そのものを規制するキマリのようですから、取得したという事実が過去にある時点でト・ラ・ベ・ルチャ〜ンス!になってしまうということなのでしょうか。

 まあ、そうなってしまうということを踏まえて、お付き合いをしなければならなかった、特に”プロ中のプロ”であるならば、ということですかね。

 村○さん主導で行っていた、ということだとすると、ラ○ブドアがたくさん買った時点でアウトになることわかっているハズ、、と思いますからやはり、バレないYOと踏んでいた、ということになるのでしょうか。

 途中で村○さんが売り抜けちゃって、、という宮○さんの証言もあったはず。思うに、ぼり○もんさんは、べつにいーんじゃん、それより株ガバチョになったんだから結果おーらいじゃん、というふうに受け流したのではないかと推察します。最終的には○ジテレビに高値でまるまる売りつければ村○さんの株を少々高値で受け入れたところで痛くも痒くもないもんね、ぶひぶひぶうぶう。

 ”罰則
 ・3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金、またはこれらの併科
 ・得られた財産の没収または追徴
 ・法人の場合は、行為者を罰するほか、当該法人も3億円以下の罰金が科せられる(両罰規定)。”
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E5%8F%96%E5%BC%95 内部者取引 - Wikipedia

 通称「村○ファンド」社名「株式会社M&Aコンサルティング」

 法人です。

 これを期に引退なさるとのお話。うがった見方?をすれば「むちゃくちゃ儲けた」(村○さん談)から、もう十分、というふうにも受け取れます。そう言えばぼり○もんさんも「経営には関わらない」と。逮捕以前にも「30過ぎ(?)たらもう引退」なんてこと言っておられたはず。

 ○っこさんの記事の内容が事実なら、許されないこと、こんなことだけでは済まされません。まあ、そのへんはよくわかりませんのでおいとくとして、今回の事件、とりあえず逮捕の運びとなりましたので、せんせいの筆はひとまずここまで。せんせい的には先日も書いたように、そんな初歩的?なミスをするかなあという気持ち、村○さんの方から話を持ちかけたという話の真相がわかりませんから、まだ何とも言えませんが、うーむ、やっぱそんな初歩的な話ではないのかな?わかりません。

 ちなみに、

 インサイダー取引は”利益が生じたか否かを問わず、刑罰の対象となる。”とのこと。むちゃくちゃ儲けたから叩かれたのでしょうか?もし儲けていなかったら叩かれなかったのでしょうか?儲けたから、、だとは思いますが、勝ち組が逃げ口上に使うのをせんせいは許しません。儲けなければ、捕まりさえしなければ善い、ということはないのです。

 そのあたり「金とおんなの袋小路」に行き詰まった勝ち組さん達はカンチガイしているように思います。確かにどちらも妬ましいですが、その妬ましさ以上の感情、怒りや憤りや許せない気持ちを人に起こさせるのは、その妬ましさをもって人の感情を限定的にすることに原因があること、気付かなくてはなりません。そうして人の思いをひと括りにすること、括りつけて人を支配するようなマネをすること、身勝手に決め付けられ行動や思考を制限されることに抵抗しない人間は、ひとりもいません。人として最低限のマナーが欠けていることに対する反応であること、、気付かないのがいわゆる勝ち組なのかも知れませんね。

 あ、筆置いてない、、えーい、ボキッ!、、がーん。ち、違います!断○ではありません、あくまではずみ。ほら、まだちゃんと書け、、ボキボキッ!!がーん。

 も、問題ありませんよ。村○さんと同じく引○!なんてまだまだしません。せんせいはぼっろくっそ儲かっていないのですよー、まだまだこれから。見ろー筆先1本になってもこうして立派に、、ブチッ。

 もーヤダ。仕切りなおして真新しい筆を使います。こんな日はさっさと寝るに限ります。す○か容疑者、もしかしてわが○をxxして、あの世で寂しい思いをしていないかと心配して○けんくんをxxしたのかも知れません。激昂するように感情を出し切った後は、すーとウソの様に感情の波がひいて、自分でしたひどい仕打ちにもかかわらず他人がそうしたかのように考え、今度はそのひどい仕打ちをケアしなければと動くようなひと。DV体質かもわかりませんので、もしかしたらそうした矛盾する感情を抱き、xxしたのではないか?とちょっと思いました、か、みな、さ、ん、どぅぉもぅで、しょぉかぁ、、ふぅでぇ、がぁ、よれよ、れぇで、もぅ、かぁけまぁ、せぇ、ん、、でぇ、で、はぁ、、まぁ、たぁ。。

 PS:
 http://news.tbs.co.jp/part_news/part_news3305613.html TBS
 ”女装し下半身露出、尼崎市部長を逮捕

 兵庫県尼崎市の56歳の部長が、女装してミニスカート姿で電車に乗り、下半身を露出したとして逮捕されました。
 調べに対し「開放感に浸ってしまった。不快な思いをさせて申し訳ない」と話しているということです。(05日20:56)”

 、、、浸りすぎ。
posted by ティーチング by ミヨコ at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

村○ファンド、しっかり200おく儲ける

 ということですよね。930えんでTOBに応じるとしても。それくらいの儲けは見込めるという話。

 5日に逮捕される見込みだそうで、一部では「やったー!まん。こーひー、らいxx」などとハレンチなとんちき騒ぎを起こしている方々もいるとのことですが、まあ確かに一部ではそうかも知れないと納得も出来るせんせいですが、いやいやまてまて、儲けはしっかり出るんだろーに、と1割くらいくれー!と思う次第なせんせいなのです。

 はい、こんばんは、せんせいです。にしてもあちこちのテレビ、もうすでに村○さんの功績を挙げていたりで総括モードに入っていますね、過去のひと扱い。報道でも流れているように、村○さん明日には逮捕の見込み。そうした情報は、もうとっくに関係者の間では囁かれていたのかも知れませんね。一○橋大学院教授のさ○まさんはどのくらいご存知だったのかわかりませんが、テレビでは検察の動きなんて知らんちん、と仰っていました。さ○ませんせいがどのくらいの情報を得ていたかはわかりませんが、逮捕される見込みとの報道より早く、あちこちのコメンテイターが物言う株主としての村○さんの功の部分、称えているのはなんとなく違和感、というか、ふーん、、、と、なんとも言えない印象を受けましたが、みなさんいかがでしょう。

 インサイダーなんて、そんな初歩的なミスやってる訳ないじゃん、とせんせいは見ていました。今もハッキリしない訳で、まだ逮捕もされていませんし、されたとしても疑惑は疑惑。せんせい的には、そんなコソコソしたことやらないだろうにという見方、今もってそう思っている次第です。

 共同作戦なら共同作戦で、ぼり○もんさんの性格上どうどうと公にしてやるのではないかなあ、とせんせいは見ています。べつに、ぼり○もんさんが堂々とした性格だというのではなく、仮に共同作戦を取っていたとして、それを隠しておくことでぼり○もんさんが得すること、何もないじゃんと思う訳です。村○さんに下準備をお願いしていたとか?カブのこと詳しくないのでよくわかりませんが、そんな必要ってどれくらいあったのでしょうか。よくわかりません。

 もともと、ぼり○もんさんも高値で売り抜けるくらいの狙いしかなかったっぽいですから、村○さんと共同戦線を張っていようと、村○さんが途中で売り抜けていなくなったとしても、なんの差し障りも無く、得もしないし損もしないこと。困るとしれば村○さんが相手側につく場合だけで、それ以外は最終的にフ○テレビのまるまる高値で投売りすればいいだけですから、インサイダーすること、どのくらい意味があったのでしょうか。

 本当の狙いは別にある、、という見方がいちばん妥当だと思いますが、、、

 にしても大丈夫なのかな?証言だけとか、そんなじゃないこと、ぼり○もんさんの容疑共々、たくさんの証拠を掴んでいること信じたいと思います。

 検察の動き、振り返ればぼり○もんさんの時は耐震偽装疑惑をうやむやにするようなタイミングだったはず。唐突なんですよね。阪○や阪○にどれだけの政治力があるのか知りませんが、なんとなくな流れ、ストップザほにゃほにゃみたいな雰囲気、えらいひとたちとか検察の中にはあったのではと想像します。まあ、村○さんが逮捕されるのなんてどうでもいいこと、堂々としたタカリみたいな手法しかない訳ですから、どうでもよいです。

 でもちょっと、インサイダーが本当か嘘かわかりませんが、なんだかなあーという感じ否めないせんせいです。公権力に目をつけられたら終わり、て感、否めない印象です。

 ○っこさんの日記によると、すーふりまがいのこともしていたとか。そちらをつつけばずるずると芋ズル式にいろいろなひとが引っ張られるとか。どちらかというと、そちらの方、ケアして欲しいものです。ライ○ドア株主みたいに訴えられないで泣き寝入りしている方もいらっしゃるとか、許せない所業です。真実はよくわかりませんが、金とおんなの袋小路に詰まるのは、おひとりならご自由にですが、よその方を同じ袋小路へ追い込んで何処にも行けなく仕込むこと、許せなく思います。そうした拭えない傷を負わすこと、いくらお金があっても償えない罪ですよ。。

 で、話はかわるのですが、これまたよくわからない話でして、、

 女性の任意聴取続く 秋田小1殺害事件 2006年06月04日19時35分
 http://www.asahi.com/national/update/0604/TKY200606040129.html asahi.com

 ”秋田県藤里町の小学1年米山豪憲(ごうけん)君(7)が殺害された事件で、県警捜査本部は4日、近くに住む女性の自宅や車を、殺人と死体遺棄容疑で捜索した。
 同日朝から捜査本部のある能代署に同行を求め、任意で事情を聴いている。”

 とこちらはソース付き、ペ○ングバージョンでお送りしますが、この記事見てせんせいはみなさんと同じように「はっ!」とあることを思い浮かべました。

 女性、、、

 、、、わかりますよね。さっそく○ちゃんにチャンネル合わせましたが、報道にある女性が誰なのかはまだ特定されていない様子。というか、任意の事情聴取なので特定されている方がおかしいのですが、ですが、ですが、あ○かちゃんのお母さんの姿も同時にふっと消えた様子らしいことは書かれてあり、となるとやはり事情聴取を受けているのはxxxちゃんのxxということに??

 もし、そうでなければxxxちゃんのxxにマスコミがインタビューしに行くのでは?という読み、するどいと感じました。ち○かすのマス○ミが図々しくインタビューを取りに踏み込まないなんて、おかしい、、

 おそらくは憶測通りxxxちゃんのxxなのでしょう。で、せんせい詳しく知らないのですが、○リ○ルとかいう書き込みってデマですか?うーんわからなす。

 まあ、いまの段階では村○さんと同じく任意の事情聴取ということで、ハッキリ言います、犯人でもなんでもありません。

 以前の書き込みでちら見したのですが、xx君がxxちゃんをxxして、県警は事故ということで処理してしまったから、それを許せないxxちゃんのxxがxx君をxxして、、という憶測、なんだか現実味を帯びてきたような気がしています。2つの事件は連動しているはずですし、xxちゃんのxxがわが子をxxするなんて考えられない、、、!

 はっ!もし、わが子をxxしたことをxx君に悟られた?としたら、、

 ほとんど推理げーむみたいにしてすいません。不謹慎かも。もうちょっとだけ。

 見られた、としてもわが子なのですから、べつに不審に思われることはないはず。実際にxxしたところ以外なら、どこへ連れてゆこうと不審には思われない。

 コドモの目は鋭いもの、、というよりコワイもの。

 はあ、、ぜんぜんお見通しになりません。ならなくてもいいですが。

 ハタケヤマスズカ(33)←←←

 容疑者逮捕です。

 トリッ○見てるうちに時間が経ち、速報が流れました。なんとなく見ているうちに、、なんとなくじろじろ見ちゃいますね、なぞとかキャラとか気になって。おもしろいのかおもしろくないのか、よくわかりませんが。

 ニュース(N○K)見ました。あやかちゃんのお母さんで間違っていないようです。あくまで容疑者ですが。

 ふーむ。最近、女性の不可解な犯罪、増えてきているような気がします。男女の差なく社会進出できるようになったことの弊害でしょうか。もちろん差なくとはすべてにおいて言い切れない訳で、差はあるのですが、女性も働いて当たり前の風潮がもたらす女性へのストレス、大きくなってきていると考えて間違いないはず。無職のハタケヤマ容疑者ですから、今回のことにあてはまるかどうかはわかりませんが。

 母親が娘をころしに追いかけまわした、という事件も昨日?おとといの話。娘の方が情緒不安定らしく母親に向かって「こ○す」とか言っていたらしいですが。

 みなさん、タダシイかマチガイか、礼儀がどうのこうのとか、そういったことに細かくなりだしたら、それは自分の中で「キケン、キケン!」というシグナルが点滅しているのだ、と感じてください。

 タダシイかマチガイかがやたらに気になりだすと、細かなことばかりに気がイッてしまいます。冗談じゃなくドラマかなにかの姑みたいに「あら、xxさん、この障子の縁、まだ汚れてるんじゃなくって?本当に掃除したのかしら?」みたいなチェックババアになってしまいます。

 礼儀がどうのこうのは、相手の気に食わないところを正当化してもんくつけるための口実として、スーパーしょっちゅう使われる、口実界の定番中の定番です。

 ○ちゃんをあまりじろじろ見るのも、気のやり場を無くすだけになるやも知れないので、ちょっとキケン。少しのとっかかり、ちょっとしたほころびに反応するひと、たくさんたくさんいること見えてしまう。そうして実社会にも、そうしたひと、たくさんたくさんいるのかとどきどきしてしまう。

 実社会でそういったひとは社会人になっていて、実社会ではそう見えないひとがネットではこうなっている、ということがいまの世の中を複雑にしている面はあるように思いますが、よくわかりませんね。めんどくさい。

 もうひとつ、エレベーターに挟まれて、、という奇怪な事件についても触れたかったのですが、つかれたん@o@;なので、少しだけ。

 かなり奇怪な事件に感じます。オカルトチックな印象を受ける、、というと不謹慎かもわかりませんが、毎月エレベーターを点検していたのにもかかわらず人が挟まれるなんて前代未聞なことに、、、よくない因縁があるとか、いわくつきのエレベータだとか、ちょっと考えてしまいます。

 扉のセンサー?がおかしくなっていた、ということになるのでしょうか。扉が完全に閉まらないまま動いたということでしょうから、扉の部分に問題があったということになるはず。接触不良だった上にタイミングが悪かったとか。

 探偵になっても仕方ないですね。ただ、ちょっとコワスギ。インサイダーより秋○の事件より、し○り容疑者より、○谷アナより、ある意味では脅威です。オカルトげーむとかに出てきそうなエピソードだな、と初めて聞いた時せんせいは思いました。

 以前、舞台の「奈落」からせり上がる板の上に乗っていた人たちが、機械の誤作動かなにかで蓋の閉まったままの奈落とせりあがる板との間に挟まれて圧死する、という事故があったこと、みなさんはご存知でしょうか。せんせいはいつまでも覚えていて、思い出すたびにびくどきしてしまいます。

 なんだか、かんぜんにだらだらした文章の羅列になってしまいました。途中でトリッ○見たり、ごはん食べたり、あすの仕込みのためにぶたの軟骨をでかい包丁でがつがつぶったぎったり、明日のディープの追いきりにそなえて早く寝なくちゃいけなかったりでせわしなく過ごしていたため、こうなってしまいました。

 とりあえずおしまい。明日は村○さん逮捕の話で一色でしょうか。では。
posted by ティーチング by ミヨコ at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。