2006年10月01日

商業放送ですから、、

 にほんでは民間放送と呼ばれるものの、米こくでは商業放送と言われるもの。いっつあTVメディア。CMとCMの間に、どうでもいいTV称コメンテイターさんがむにゃむにゃ喋るアレのことです。

 正確に言うと、CMとCMの間に事件事故等の事実を含むCMとCMの間に、なんだかよくわかるようなわからないようなTV称コメンテイターさんがむにゃむにゃ喋って、TVに出てカンチガイしちゃったひとがセク○ラして降板させられるような、アレのことです。

 「ミクシィ」しかり、「さ○らちゃんを救う会」しかり、、

 金を掻き集める直前に、新番組よろしく、短期集中的にキャンペーンをうつ手法。

 そういえばクロー○アップ現代でも、ミク○ィの回はいつもの女のひとじゃなかったなあ、、などと思い返してみたりして。

 こんばんは。今夜はディープインパクト優勝祝いをします。ワインの代わりに養○酒を飲みます。ビン直、通称らっぱ飲みです。ちぇけらっちょ(オエ〜)はい、ディープせんせいです。自称Cガールです。

 ミク○ィ飽きたので、最近の詳しいこと知りません。ただ、カスはカスです。順調に下がったと思ったら一転、高騰したりしているようですが、アメ○ロのちん○す社長あたりがぼろ儲けしているように、証券会社ともども、くそちんかすであること疑いようありません。でも、濡れ手に粟で儲かっていることウラヤマシスです。どうぶつの森を楽しんでいるせんせいは、水やりを切らして赤カブを枯らしてしまいました。掘ったら、ぱらり、、とむなしく葉が散りました。とんでもない損失です。

 ネットに勤しんでいる方々、さらには、今日が日曜日だということを今の今まで忘れていた曜日感覚のまひした旧ニー○の方々。新ニー○のひと達は土日は市場がお休みなので、曜日知ってますよ。格好だけでも旧→新に改めることおすすめします。一歩先を行って、もれは海外の市場にも目を光らせているから、とうその言い訳で曜日感覚をごまかすことはおすすめしません。さむいです。

 なにが言いたいかというとですね、要するにネットをよく利用する方々はもうすっかりお馴染みでしょうが、、と言いたかったのです。「さ○らちゃん」の話題。ほんの一週間で80すれオーバー(通算)の驚異的な勢いでレス数を伸ばし続けている、あの話題のことです。

 内容は「○ちゃんねる」などで見てください。あまりに大量のざれごと、、もとい、豊富な貴重情報あんど証言あんど、その他大量のざれご、、むぐう。とても追いつけない勢いですから、ここでどうしろとか無理です。

 せんせい的には、それほど関心なかったのですが、せんせい的指摘を2、3。

 ま、すでに○ちゃんでも指摘されていることではありますが、

 1.5月に病気判明。なのに、つい最近(9月29日付の更新にて公表)ご両親、自己負担のお金調達する。

 →当初は全額募金でまかなう、という主旨であったように思われます。だってふつー、募金って、自分達ではまかないきれないお金だからたのむー、って話でしょう。だったら、予め、今回で言えば3千万円!低い目標額を設定できたはずなんですよ。それを初めっから1おく3千6百まんとか言ってるし、移植するにはそれくらいのお金がかかるのだということをアピールする意味でこの金額設定にした、とか言ってたみたいだし、今後の治療費などを考えたら自己負担は避けたいからアメリカへの渡航、現地での滞在、移植、んでもって帰ってくるまで一切合財を募金でまかないたい、って言ってたみたいだし、今回の「まつり」の流れを見ても、○ちゃんなどの凸を受けて、とってつけたように3千万円!出した、っていうのが妥当な見方だと思います。

 だいたい、なげーよ。5ヶ月くらいあったのに、なんで昨日おとといまでメドがつかねーんだよ。公式HPを見るとUPされた写真にはくっきりはっきりと、趣味のいい桃色の「のぼり」が写っています。急いでHP立ち上げてんのかなんなのかわけわかめの「ソフト○ンク」のHPとは大違いです。せんせいボーダふぉんユーザーですから、もろ関係あります。そう、HPの出来も段違いですが、某「ソフト○ンク」の携帯ショップのちょうショボイあの灰色の文字の看板あんどのぼりと比べたら「さ○らちゃんを救う会」ののぼりの趣味のよさ、出来のよさ光り輝きます☆

 ケイタイ、さ○らちゃんに乗り換えようかなぁ、、ソフト○ンクのHPの素材写真にはちょう爆笑でした。横向いちゃった、って。

 言いたいのは、そんなのぼりとか準備万端に出来てんのに、なんで肝心の資金のメドさえついていないままスタートさせているのか?です。なんかミク○ィの見せカブ(?)くさい感じしない?見せることで吊り上げる魂胆。あくまで、見せる、ことですから、ほんとうに存在するものなのかどうか、、、

 3千万円!なんて、まとまったお金でなくてもよかったのです。ほんの少しでも、予め捻出していて当然なのです。だいたい3千万円!なんて額、この両親お金持ちだぞーって触れ回られちゃったから、これくらいが妥当だろうと設定した額じゃないの?(お金持ちなのが事実かどうか、詳しくはわかりません)

 2.テンプレート疑惑

 たくさんのレスの中で、1つだけ、この指摘を見かけました。流し読みしていたり、80分の2、3しか覗いていませんので、ひょっとこしたら何回も指摘されているのかも知れませんが、

 こちら「まなちゃんを救う会」のHPより↓

 「両親からのメッセージ

 最初に咳をし始めた時にも、お医者様の言う「風邪」の診断を疑うことも無く、すぐに元気になるものだと思っていました。ですから、生後三ヶ月を過ぎ、症状が改善しないことから検査を受けた病院で「拡張型心筋症」の診断を受けた時は、私たちにはその現実が信じられず、受け入れられず、数日の間二人で泣いてばかりいました。産まれてきたばかりの幼い我が子が、なぜこのようなつらい病気にならなければならないのか、何度代わってやりたいと思ったかわかりません。

 主治医からこのままでは愛の命はあと一年も持たないと宣告されました。助けるには海外での移植手術にチャレンジするしかないことも教えていただきました。

 ですが、移植を実現するには莫大な費用がかかるため、皆様の善意におすがりし、募金に頼らざるを得ません。誠に勝手なお願いだとは思いますが、私たち両親の何としても愛を助けたいと思う気持ちを汲んでいただき、愛に生きるチャンスを与えていただければと切に願っております。愛も小さな体で一日一日を精一杯頑張っています。皆様の温かいお力添えとご協力をどうぞよろしくお願いいたします。」

 http://ameblo.jp/save-mana/entry-10009472795.html 両親からのメッセージです|まなちゃんを救う会

 抜粋です。こちらも抜粋。「さくらちゃんを救う会」のHPより↓

 「両親からのごあいさつ

 ちょっと風邪を引いている程度にしか見えないさくらが「特発性拘束型心筋症」という、原因はわからず、10万人に1人もいないという珍しい病気だと告げられた時、私たちは二人で泣いてばかりいました。さくらの前では泣かないように努力しました。しかし、時々我慢できなく涙をこぼすと、そばに来て「よしよし」と小さな手で優しくなでながら慰めてくれるさくらに、よけい涙があふれてしまいました。3歳、4歳というかわいい盛りの無邪気な笑い顔。こんなに元気なのにいつ突然倒れるかわからない病気だなんて…。代わってやれない、自分のふがいなさに世の中はとてつもなく非情に見えました。

 医師の診察では早い段階から「現代の医学では有効な治療法はない。移植しかない。」と告げられていました。しかしその移植の道は、日本では開かれていません。

 移植を実現するには膨大な費用がかかります。皆様のご好意におすがりし、募金に頼らざるを得ないことは、誠に心苦しく存じますが、なんとしてもさくらを助けたいと思う気持ちをご理解いただき、なにとぞさくらに生きてゆくチャンスを与えていただければと心から願っております。

 小さな身体で一日一日、病気と闘っているさくらに、なにとぞ皆様の温かいご支援とご協力をお願い申し上げます。」

 http://www.sakurahelp.com/contents/ryoshin-ai.html さくらちゃんを救う会/両親からのごあいさつ

 ですって。おくさん。どうです、おくさん。抜粋なので似ているところを取り上げました。ですが、これらの箇所はすべて話しの骨子です。骨子であってましたっけ?骨格?とにかく背骨みたいに大事な部分だということです。要点ということ。

 指摘した○ちゃんねらーは、自分の言葉ではない、とバッサリ。せんせいも同意です。

 ですが、片方だけを見た方は気付くよちありません。見比べて初めて、しょっぱなから待望かよー、とくりびつてんぎょうする訳です。

 ネットによる情報の氾濫。あたかもオープンなメディアであるようなふりをして、実際に目にしないまま盲目的に信用してしまう人間をコバカに扱うことの出来るメディア。

 HPが公開されているのだから、きちんとオープンに運営されているのだ。という思い込みは厳禁です。

 せんせいのブログもそうですが、あくまで個人的な情報発信源であって、かーなーらーずしーも、責任ある紳士淑女が運営しているとは限らないシロモノなのです!

 カンケないすけど、ま○ちゃんのブログ、せんせいがもういっこやってるブログと同じアメ○ロなんですよね。あんなテンプレあったかな?、、あ、こっちのテンプレはブログデザインのことです。そうそう、デザインもふげー似ているんですよね。ま○ちゃん、さ○らちゃん。

 カンケないのかあるのか、ま○ちゃんのページのUPタイムは「2006-02-24 00:00:00」です。時間設定万全って感じ?確か、任意で時間を設定できたと思うのですが、いぶかしく思っているだけに、なんかコワイ、、

 3.はとくにありません。いろいろありますが、めんどいので○ちゃんとか見てください。

 現在的結論を言うと、せんせいはこの募金、賛同しません。もちろん、さ○らちゃんには早く元気で健康になって欲しいです。これは、せんせいだけでなく○ちゃねらーの総意でもあると思います。まつり好きなだけで80以上のスレッドを消費することは出来ないと思います。きじょ板の方がシビアです。ろうがふーふー拳しか出来ないせんせいと違って、3倍かいおう拳まで出せるひとたちの集まりです。深入りはきんもつです。

 しかし、さ○らちゃんの愛らしい写真を見るにつけ、もの悲しくなってしまう今日この頃。○っこさんもほとんど私的日記しか書かなくなり、セミリタイア気味の今日この頃。ひとの善意につけこむような所業、、事実なら許せないかぎりです。

 あんまりひとを悲しくさせないで、、、


 ○ちゃんねるにて「○気の毒な旧支援派」と称される”『さくらちゃんを救う会』応援ブログ”→名称変更”「救う会」について考えるブログ”はこちら↓

 http://blogs.yahoo.co.jp/sakurarode33

 9月22日開設だそうで、まったくもってちょう速攻に「まつり」の渦に巻き込まれてしまったようです。ご本人は、文面から察するにキチンとしたくればーな方のように見受けられます。

 「さ○らちゃんを救う会」のことを聞いて、いてもたてもいられず、早々にブログを立ち上げ、自主的に応援してゆこうと決意された方のよう。閉鎖を撤回しタイトル変更が表す主旨を掲げて、ブログを存続させるあたり、なかなかもってたふな方とお見受けします。せんせいなら、そっこう話題を変えて泣き寝入り(泣く泣く諦めることではなく、本当に枕を涙でぬらしながら寝ること)するところです。でもって気分が変わったら、たまにぐちぐち言いながらも2度と振り返ることなく夢と希望に向かって飛躍(逃避)します。これほんと。

 ふげーちゃんとしたひとみたいですから、せんせいのところと同じような気分で訪れてはいけません。○阪民国のひととふ○お華人民共和国のひとは訪れてはいけません。げ○んだからです。

 ともかく、最近は公○党の新党首さんの「自民党も民主党も”国家”という枠組みばかりにとらわれ、上からのものの見方になっている。もっと”人”の声を大事にしないといけない」という主旨の発言、そうだなー、なんて関心したりしてしまう自分がいるの事実な昨今、こんなにしっちゃかめっちゃかじゃ、信じられる「ブレない」何かにすがりたくなるのも無理ないかなー、なんて思ったりしまんす。要は、ウソでもいいから善意的な気持ちだけを抱いて生きてゆきたい…と願うのも無理ないっすの世の中な感じ、してしまう訳です。

 昔からあることなのかも知れません。知らなかった方が幸せだったのかも知れません。善意あるひとたちと一緒に、善意ある行動だと信じられることに自分を捧げたい、、もしかしたらこういうの批判的に見るひと多いかも知れませんが、全面的に肯定する訳ではなくても、心情は察するにあまりあーる。だって、あれもこれも疑ってなきゃあぶないってなったら、、あたま壊れちゃいますよ。。

 公○党さんは、そりゃ、せいねん部とか太くてうさんくさいパイプ持っていますから”人”とくに就職難、競争社会のしわよせをくっている若者の声、聞く機会多いかも知れません。んでもって、ほにゃ価がっかいに入れば職があるよーみたいな話になるか、ならなくても行き場のなくなったおーるだーふりーめー○んを取り込めば、うしし、、みたいな目論見、あるんじゃないかなぁと思いますから、オソロシスな訳で。

 「儲ける」と書いて「信者」とよむ。と、漢字検定では0てんになってしまいますが、いくらひとを食い物にしたかでかちぐみ負けぐみに分かれるような世の中、、になってはいけません!そんなのウソです!

 キレイごとでなく、そんな考えに囚われれば、そく食い物に、、

 しくしく。

 あ、でも、せんせい、かぶに興味ありマス。って、ぱそこん買ったのがそもそもそういう魂胆だったんですけど、賃金ないですから出来ない訳で、できたら、粟でもひえでも、おれのものはおれのもの、、いいじゃないですかぁ、だって5おくとか、せんせいにはふさわしい、じゃ、ない、で、す、さー。

 、、、あっち行ってください、もう。さよなら。なに見てんですか!閉店ですよ、閉店!ちゃんちゃん。
posted by ティーチング by ミヨコ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。